マカ

マカが注目されている !

マカは、南米ペルー原産のアブラナ科の植物。アメリカのNASAがマカを宇宙食に用いたほど栄養価の高い植物です。マカはダイコンやカブと同じアブラナ科に属し、日本ではマカ、アンデスの人参とも呼ばれています。マカの形はカブに似ていて、食用とされるのは塊茎の部分です。マカの塊茎の色は品種によって異なり白、黄色、ピンク、赤、紫、黒などさまざまです。一般栄養成分に差はありませんが、その中でもとくに珍重されているのがマカ モラーダと呼ばれる表皮が濃い紫色の根のものです。

マカの生産地

マカはアンデス山脈の中でも、ペルー国フニン県の標高4.000mに位置するボンボン高原に生育するマカが高品質とされています。標高4.000mといえば、富士山より高い場所で空気中の酸素の少ない、高山病になってしまうほどの高地です。日中は20℃、夜はマイナス15℃という劣悪な自然環境。このような環境ですから、ボンボン高原には樹木は育たないで、荒地になっています。そのため、この土地は植物に栄養分を摂られないので、土壌は豊かで、ボンボン高原の土には、亜鉛などミネラル類がたくさん含まれているのです。マカは、大地から養分を吸い上げて育ち、栄養を凝縮した植物になります。

マカ伝説 マカにはさまざまな言い伝えが残されています。

2000年ほど前のインカ帝国時代から、マカはアンデス高地で栽培されていました。スペイン人がインカ帝国を征服したとき、彼らが連れてきた馬が高地の厳しい自然環境になじめず、繁殖力が衰えて次第に頭数が減り、絶滅の危機に瀕したそうです。その際に、原住民のすすめで馬にマカの葉を食べさせたところ、馬の繁殖力が正常に戻って絶滅が避けられたと、当時のスペインの記録に残されています。
インカ帝国の時代には、特権階級の食べ物だったとの記録も残っています。また、戦争で活躍した戦士への褒賞として使われたとか、逆にインカの軍隊が他の町を併合するときは、町の女性に暴行を加えないよう兵士にマカを食べることを禁じたという言い伝えも残されています。

マカ ソフォン粒は、精力増強を望む男性向けに開発されたサプリメントで、天然成分では最もパワーのあるマカとソフォン、さらにインドのアーユルベーダにおいて最強といわれているアシュワガンダを配合。パワーアップを望む方、活力がほしい方におすすめします。






1










広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー